参考程度に




・・・まぁあまり深く考えすぎず、サラッと読んでくださいナ。


男女カップルでサルサ場を訪れたとき


恋人ではなく、友人関係の男女カップルだとしても
男性は一緒に訪れた女性をやさしくエスコートするよう
気配りの程を願います。

サルサ場についたら、
最初と最後はその日のパートナーと踊るようにしましょう。
サルサ場に着いた途端、別行動でてんでバラバラに行動している・・・
紳士・淑女の身ごなしとして
それはあまりにも不粋です。

パートナーがいるエリアから離れるときは
軽い会釈や目の合図、声がけ等、
離れるときはデリケートに気を配ったほうが
後々モメることもないでしょう。

また、カップルで来ている人をダンスに誘うときですが
一言、パートナーの方にご挨拶してから誘うとスマートです。



ダンスのお誘い   

男性でも女性でも、
ダンスをお誘いするときに、
背後から背中をたたいたり腕をひっぱったりして誘わないように
願います。
(実際にいらっしゃいますよこの手の人)

友人ならそれも親しみで通りますが、
知らない人に背後から腕を掴まれたり、
後ろから体を叩かれたり、引っ張られたりすると
あまり気持ちのいいものではありません。

お誘いした瞬間からあなたのダンスの世界が始まります。


芸事の上達に焦りは禁物



スローフードなる言葉が流行した昨今。
長い時間をかけて愛情たっぷり仕込んだ料理というのは説明がいりません。
一口食べるだけでも説得力があります。
芸事・・・もしかりなのでは無いでしょうか・・・

コツコツ積み上げた努力は決して無駄にはなりません。

どこかで花を開くことがきっとあります。

私もまだまだ未熟者です。
日々精進していけるように心がけております。
お互いに励ましあって進んでまいりましょうネ。



いきなり激しく動くのはダメダメ!



チューインガムに例えてみますと、
そのままの状態だとブチブチ切れやすいですね。
ところが、口内に入って温まるとよく伸びるようになりますし、
粘性が出るのでブチブチ切れたりしないようになります。

人間の身体も同様で、血液循環をよくして筋肉や関節の
温度を徐々に上げていかないと
激しい動きには対応できません。

サルサのレッスンも始めはシャインのベーシックSTEP
から徐々に身体を慣らしつつ展開されていきますよね。

これもきっと、レッスン発案者はそういった運動理論
をふまえてのことなのではないでしょうか。

いきなりクラブに遊びに行って
ハイキックやジャンプの連続をする人は居ないと思いますが、
寒い時期になると、身体は芯から冷えています。
そんなときにいきなり激しい動きをすると・・・。

やはり、最初は身体ならし的なSTEPから入っていった方がよろしいかと思います。

自分の身体は自分で守りたいものです。




ダンスを始められる方へ


最初から上手に踊れると思ってはいけません。

初めて踊る人は、思ったように動けなくて当り前。

私は思ったようにいかないことなんて日常茶飯事…今、現在もよ〜くあります…
(笑)
そんなときは、そのシチュエーションを楽しんじゃいましょう。
はじめはヤケ気味でも、本当に楽しくなってなくるから不思議です。
そして、心から楽しんでいると、ダンスにも輝きがでてくるのですよ。

なので、出来ないからといって気にする必要は全くナシ!
むしろ上達のためのラッキー♪だと思って、色々試してみてください。


成功の秘訣は続けること!
情熱を燃やし続けること!

そんな貴方に心からエールを送ります。